休憩時間・始業と就業時間を管理出来る簡単な様式の勤務表テンプレート(無料ダウンロード)

休憩時間・始業と就業時間を管理出来る簡単な様式の勤務表テンプレート(無料ダウンロード) 勤務表

休憩時間・始業と就業時間を管理出来る簡単な様式の勤務表テンプレート(無料ダウンロード)

休憩時間・始業と就業時間を管理出来る簡単な様式の勤務表テンプレート(無料ダウンロード)です。 
 
勤務表の無料テンプレートの使い方 
 
◎勤務表テンプレートは、月単位で社員1人の労働時間を記録する表であり、無料ダウンロードが可能です。 
※全体の使い方・様式を簡単に説明し、その後に勤務表(excel)の自動入力になっている箇所の説明をしています。 
 
1.最上段の会社名は、勤務表を発行する会社名を入力して下さい。 
2.2行目は、勤務表を発行する年月を入力して下さい。 
3.3行目目は、勤務表を発行する労働者の氏名と社員ナンバーを入力して下さい。 
4.5行目には、勤務表に必要な各項目が入力してあります、以下、各項目の列に沿って説明いたします。 
5.「日」の列には、勤務表を発行する月の日付を1から末日まで入力して下さい。 
6.「曜日」の列には、「日」の列に対応した曜日を入力して下さい。 
7.「始業時間」の列には、労働者が就業時間内に始業した時間を入力して下さい。 
8.「終業時間」の列には、労働者が就業時間内に終業した時間を入力して下さい。 
9.「休憩時間」の列には、労働者の就業時間中の休憩時間を入力して下さい。 
10.「労働時間」の列には、労働者の就業時間内の休憩時間をのぞいた、実質の労働時間を入力して下さい。 
11.「残業時間」の列には、労働者の就業時間以外での労働時間を入力して下さい。 
12.「有給」の列には、労働者の有給取得の有無を入力して下さい。 
13.「欠勤」の列には、労働者の欠勤の有無について入力して下さい。 
14.「理由」の列には、労働者が遅刻、欠勤、早退等で一部でも就業時間中に作業に入れない理由を簡潔に入力して下さい。
 
◎勤務表(excel)内の自動計算部についての説明 
1.表題部の「令和 年 月勤務表」と日付、曜日は、A5セルに「西暦/月/1」の形式で入力する事で自動入力されます。ただし、「西暦/月/1」で入力しても表示は日のみ表示となります。 
2.「労働時間」の列には、自動計算は入力されています、始業時間と終業時間を入力する事で表示されます。 
3.勤務表の時間の入力は例「8:00」と入力して下さい。 
4.合計は、労働時間、残業時間、有給、欠勤を合計しています。 
5.有給、欠勤は1日を単位として計算しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました